革:コードバンの財布の手入れ【実はそんなに難しくない】

革について

こんにちは、カヨです。

 

私は元々革製品に関わる仕事を約5年していました。

その頃に色々種類の革を見て触ってきましたが

やはり、誰もが見惚れる革はコードバンであり、

お客様のご意見として扱いの難しい革にあげられるのもコードバンでした。

 

 

そんな私がこれからコードバンを持ちたい!

買ったけど今からどう使おうか悩んでいる!

そんな人に情報をシェアしますね。

 

 

コードバンのお手入れ【基本は3つ】
①綿100パーセントの柔らかい布で乾拭き
②水に濡れないようにする
③よく触る

基本はこの3つです。

放置による乾燥などは除きます。

 

その①:綿100%の柔らかい布で乾拭き

コードバンは何と言っても輝きが命。

革のダイヤモンドといわれる由縁もその一つ。

日々使用していく上でつく汚れが付きっぱなしでは

数ヶ月後、数年後には曇ってしまう可能性があります。

また、油分を含むレザーなのでその油分が自然と

優しく摩擦を与えることで、

より輝きに繋がります。

 

ただ、可愛がりすぎもよくありません。

あくまで優しく定期的に行うことが鍵になります。

 

また、もしもう少し革製品に興味のある方は

ブラシをオススメします。

コロニルのファインポリッシングブラシ(山羊毛)

間違っても硬い毛はガリガリしなように!

 

その②:水に濡れないようにする

コードバンの天敵=水です。

これは耳にたこができる程聞いているかと思います。

大事なことなので何度も言います。

コードバン非常に丈夫な革でも有名ですが、

革の中でも水に弱いのです。

 

ですので、私はコードバンの財布を持って出るとき

必ず天気予報で降水確率をみたり、

それでも持ち出すときはビニールの入れ物を持っていきます。

 

面倒!だと感じてしまうかもしれませんが

これだけで長く愛用でき

また、コードバンの輝きが楽しめると思えばきっと

可愛く思えてくるはず!!

 

その③:よく触る

これが革にとって最良の方法だと思います。

手の油分が毎日少しずつ入り

手の優しい摩擦で輝きが増す

それだけでいいのです。

それだけでだんだんと美しく味が出るのです。

なんという素材なんだろうー!

極端にクリームをせっせと塗る必要もないのです。

 

 

では、そんな少ない手入れで

コードバンから得られるメリットを紹介しましょう。

①希少価値の高いものを持てる特別感
②自分だけの味わいが輝きと共に味わえる
③持つ人のイメージを底上げしてくれる高級感

 

その①:希少価値の高いものを持てる特別感

この感覚は格別です。

現在コードバンが手に入る量はどんどん減って来ています。

それはなぜか。

コードバンとは馬の臀部の革からできており

また、農耕馬からしかとれません。

馬の臀部は脚力の根元にあり

引き締まりキメの細かさがあの輝きに繋がっています。

ただ一頭から少量しか取れないのです。

また、この革を鞣す技術を持ち合わせる工房が

世界で2つしかなく

ホーウィン社と新喜皮革だと言われています。

どちらも、伝統的でそれぞれの技術が伝わった

美しい仕上がりです。

 

私が長らく両方を見てきた魅力の違いをお伝えします。

加工方法にもよると思いますが

✔︎ホーウィン社のシェルコードバンは

革の自然な風合いがそのまま活かされており

1点1点の風合いが違います。

色、艶、毛穴。。。

そのどれもが誰とも被らず特別です。

また、オイルを潤沢に含んでいるので

使用後の変化も使用する方に委ねられています。

 

✔︎新喜皮革のコードバンは

ブレのない均一な表情を楽しむことができます。

だれも足を踏み入れぬ森の奥の湖の水面の様で

透明感と奥行きを感じ眺めていると吸い込まれそうです。

手触りも滑らかで凛とした風合いを楽しみたくなります。

 

どちらも、それぞれの良さがあります。

どちらもため息が出るほど美しいです。

 

②自分だけの味わいが輝きと共に味わえる

これは使った人にしか味わえない満足感

自分が使用することでしか出ない風合い

というものが楽しめます。

コードバンのハマるとそれ以外は持てない

という意見をなんども聞いたことがあります。

新品ではあじわえない

程よく張りを維持したままくったりと

手に馴染む様子はこの最高級の革の持ち主の証なのです。

自分の手にフィットしてくると

自分専用になったコードバンが待っています。

 

③持つ人のイメージを底上げしてくれる高級感

コードバンが贈り物にも選ばれる理由はここにあると断言できます。

全く革を知らない人にも高級で

美しいと感じていただきやすいのです。

たくさん並ぶレザーの中でギフトを選ぶ女性を

なんどもお手伝いさせていただいていましたが

何も説明せずともピタリと足を止めるコーナーがありました。

それがコードバンだったのです。

みなさま口を揃えて

「この革とっても綺麗ですね」

「きっといい革なんでしょうね」

「これだけ別格ですね」

説明不要なほどに魅力が溢れ出ているのですね。

ほんと驚きです。

そんな印象を与えてくれるレザーは

他にないかもしれません。

 

 

まとめ:コードバンを持つことは手入れのデメリットより、遥かにメリットの方が大きい!

最高級の革といえばコードバン。

そのお手入れ方法はよく難しいと思われがちです。

確かに知らないままに使

うのは危険です。

しかし、ちゃんとした知識さえあれば

コードバンは長く美しく持ち主に寄り添ってくれます。

 

コードバンを使う上でもっとも大事な点。

それは水に弱いという部分を押さえておくこと。

お手入れは簡単だが定期的に行う方が良いこと。

それだけで、水染みができにくく

コードバンならではの輝きが続くからです。

また、持つ人の満足感も続くと思います。

ぜひ一度コードバン使ってみてください

 

では、また

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました