【評判】テックキャンプ受講生感想!最悪?嘘ホント?【体験・口コミ|転職活動 2020年】

転職活動

こんにちは、カヨ(@matuge_kirin)です。

8月から本格的に就活を開始して、現在も進行中です。

プログラミング転職考えてる方このコロナ禍で増えていますよね。
そうすると、プログラミングスクール探されている方も増えていて、
スクール探しに悩まれている人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方のために、筆者が実際に通い体験した経験のある
「テックキャンプ (旧:エキスパート)」さんの
体験談や感想を今回は記事にしました!

しかも、現在もサービスを利用中です!
最新情報をお届けします!!

 

 

この記事からこんな事がわかります!

✔︎テックキャンプ に通って良かったのか、悪かったのか感想。
(①金銭面②授業③転職活動)
✔︎あなたのはテックキャンプ に通った方がいいのか。

※(注意)スクールの宣伝をするものでも、逆に批判するものでもございません。
筆者は自分で選んで通いその体験を貴重で大切のものだと感じております。
その中で自分もスクール選びに悩んだのでエンジニアを目指される方の役に立てたらと思っております。

 

【結論】テックキャンプ に通って良かったし、まだ転職できていません。

「テックキャンプ に通って良かったし、まだ転職できていません。
 あなたが30歳以上で転職保証付きプログラミングスクールに通いたいなら
 テックキャンプ に通うしかない。」

 


 

 

【根拠】良かった理由と現状報告、あなたの選択について

テックキャンプ に通って良かった理由。

✔︎30歳を超えて新しいことを始められた。
✔︎プログラミングを勉強するにあたって大事なコードを書いて実践する基盤ができた。
✔︎アジャイル開発経験(チーム開発)によって同志ができた。
✔︎就活に必要なポートフォリオができた。

 

まだ転職できていません。

筆者は現在も就活中です。
8月中ばから開始現時点70社以上の企業に応募。
未経験からの転職はそんなに甘くはありません。

筆者は女性です。
特に女性でこの年頃は男性よりもハードルがあるように感じ、
90%越えの転職率でもすごく不利な条件下の中活動していると自覚しています。

 

あなたが30歳以上で転職保証付きプログラミングスクールに通いたいなら、 テックキャンプ に通うしかない。

悲しいかな、正直世間は年齢で見ています。

また、いくら「何歳からでも挑戦をしてもいい」と、
かっこいい言葉を唱えても、
未経験でとんとん拍子に就活が進むのは20代まで。
転職保証をうたうクスールだってその条件は見過ごせないはず。
実際、筆者も複数のプログラミングスクールへ問い合わせましたが
30歳を越えて転職保証付きで生徒を受け入れているのは
テックキャンプ (旧:テックエキスパート)のみでした。
(※スクールを探していたのは2020年2月ごろです。)

ただし、転職保証を付けなければ受け入れてくれるスクールが多いので、
他のスクールの選択もありだという事です。

 

転職保証を付けないという考え方としては別の考え方もできる。

✔︎プログラミングの知識だけをスクールに頼る方法
✔︎転職保証はなくてもサポートがあるスクールを探す方法

就活を自力でする選択もあるし、保証制度の所定によっては自分が対象外になる場合もあるので保証支援(サポート)をしてくれるところを選択するという考えもあるよね!

 

 

【実体験】実際に受講してみた感想

ここからは体験談を振り返りながらお伝えいたします。
まずは、詳細。

✔︎詳細
コース:エンジニア転職

期間:短期集中
場所:通学可
受講料: 646,800円(税込)
割引:1万円無料カウンセリング参加割引適用済み (10000円)
備考:コロナ対策のため体制が柔軟に変更された時期に受講

では、最初にお話ししたように
①金銭面 ②授業 ③転職活動を軸に話をします。

 

①金銭面

「かなり厳しい出費でした」

詳細に記載した受講料を払う上に、更に必要になるからです。

受講料:646,800円(税込)
パソコン代:170,280円(税込)
PC周りのアクセサリー:約30,000円
交通費:約6,000円

※個人の状態によって必要な金額は大きく変わると思います。
ご自身でわかる範囲は自分で計算ください。
※PCは指定があります。筆者はそのスペックよりも高くカスタムしました。

 

必須なのはパソコン代までで(計817,080円)だとしても、
必ず他にもかかってきますよね。
他にも通信費など…
受講を考える人の一番の悩みはここだと思います。
なので、金銭面での感想は正直以下とおりです。

✔︎かなり厳しい
✔︎自分が30歳超えじゃなかったら他のスクールを選択していたかも
✔︎この金額を出して通うのだから覚悟が決まる

 

②授業

コース:エンジニア転職
期間:短期集中
筆者のレベル:全くの未経験

「学習期間完了しても理解できなくて苦しかったが、その後だんだん分かってきたかも。」

全体の流れを簡単に説明します。

・学習方法は基本カリキュラムを読んで自分で進めていきます。
・不明点は個人学習期間のみメンターさんにコンタクトが取れます。
・最後の3週間ほどはアジャイル開発(チーム開発の一種)が体験できます。

未経験からエンジニア転職できるのがスクールの売りですが
未経験で独学歴ゼロの筆者の体感はかなり苦しかったです。
「プログラミングとはなんぞや」の状態から十分な説明もないまま、
とにかくカリキュラムを進めていく数週間は不安との戦いでした。
チームでの開発は周りのメンバーが助けてくれて完成しましたが
正直全く理解できず、不安の吐口もなく、
成長も実感できませんでした。

1日8時間以上の学習時間を一定期間こなしたこと、
同志が共にいてくれたことが学習期間終了時に感じた良かったことでした。

手取り足取り教えてもらえることを期待している人は
学習期間を達成するのも難しいと思います。
筆者も少し期待していたのでダメージを喰らいました。

しかし、冒頭で「その後だんだん分かってきたかも。」
というひと文があったように、現在の状況は違います。
その理由は学習期間後、
すなわち就職活動期間に突入してからの個人アプリ制作にあります。
今までの学習を踏まえ、また更にプラスアルファを加えて
個人でポートフォリオ用のアプリケーションを作成し(現在も更新中ですが)、
その過程で理解が深まっているように感じています。

ただ、まだまだ自分が初めに予想していた理解度なんてものには遥かに下回っていて、
学習意外にも不明な言葉もたくさんあります。

「プログラマー」「エンジニア」「Webエンジニア」「インフラエンジニア」「フロント」「バックエンド」「コーダー」「SE」「受託」「社内開発」…

就活をしていく上で最近わかってきたものが少しあるくらいです。

なので、スクールの学習期間では未経験者は理解することよりも
学習方法の習得になるのではないかと思います。
学習中の感想はこんな感じ。

「理解出来なくて苦しい。」
「学習方法がわかってきた。」
「理解は遅れてやってくる。」
「とにかくやってみる。」
「継続をする」など…

そのため、授業を振り返っての感想は冒頭のようになりました。

「学習期間を完了しても理解できなくて苦しかったが、その後だんだん分かってきたかも。」

あれだけ高額な金額を払ったから
自然に簡単に身に付くのではないかというのは無いと思った方が良さそうです。
他のスクールでも同じな気がします。

 

③転職活動

「いつまで頑張ればいいんだ?精神面との戦い編に突入。転職保証は関係ない」

現在進行中の転職活動についてです。
学習期間と違って結構孤独です。
また、筆者のように30代の人はきっと
大量の応募と大量のお祈りメール&企業からの無反応攻撃をくらい続けます。
その為、正直精神的に辛いです。
自分を励まし、気持ちを立て直しながら継続しています。
自身の感想に関してはここまでが現状お話しできることになります。

ただ、お伝えできることはまだあります。
それが、「転職保証」「転職支援」についてです。

 

✔︎転職保証に関して

これはテックキャンプ場合、様々な条件下のもとで
「半年以内に就職が決まらなかった場合授業料を返金します」という制度です。

東京での就職活動をするという場合は対象となるようですが
東京以外での就職活動をする場合は対象外になります。
なので、転職保証をメリットとしてテックキャンプ を選ぶなら
東京での就職を希望する場合はオススメになるようです。
入る前から就職地域がしっかり決まっているなら、
この点はメリットですし、
決まっていないなら後から必要のないポイントになるかもしれないということですね。

筆者はここに関してかなり質問していたので、
理解していましたが地元での就職をしたくなったので後者でした。

 

✔︎転職支援

「支援」というのは転職サポートスタッフがついてくれるというもの。
現在活用中なので活用していることをまとめました。

「履歴書・職務経歴書・PR書類の添削」「企業へのメール添削」「面接前のアドバイス」「モチベーション相談」「応募企業の提案」「就活経過報告」など

基本的に相談相手をしてくれます。
ただ、東京方面への就職活動をメインとしていない筆者は
基本自分で応募先を探しています。
この時代の流れや年齢、
未経験もあってかテックキャンプ からの応募先企業紹介は、
すみません、正直ほとんど無いに等しいです。
なので、上記の活用方法(添削や相談をメインとした使い方)をしたい!という方は
「就職支援」をテックキャンプ を選ぶ理由にしてみてもいいのではないでしょうか。

転職活動はかなり孤独なので
いつでも対応してくださる方がついてるのは心強いのも正直な感想です。

 

ここまで、転職活動に関しても話してきましたが、
こうしたサポートの詳細がスクール入学前に理解し切れていない人が多いのかな
というのが自分含めて印象としてあります。

 

 

【結果】正直、テックキャンプ に通って良かったし、まだ転職できていません。


「テックキャンプ に通って良かったし、まだ転職できていません。

あなたが30歳以上で転職保証付きプログラミングスクールに通いたいならテックキャンプ に通うしかない。」

何回いうねん!笑

感想に関してはこの言葉とおりではあるのですが、
付け足すことができるのならば授業料が高額すぎるっ…
素敵なサービスは揃ってるけど、た、高いっ…!

とにかく、コストを削りたいなら、
色々な可能性を検討し、サービスをうまく活用すること!
さすれば、どんな環境でも自走力を持っていれば乗り越えられる気がします。
とでも行っておきましょう!!!笑

プログラミングって自走力っていうワード出てくるよね〜

 

 

【まとめ】今後も頑張って活動報告いたします!

ここまでこの記事を読んでくださった方なら感じていると思いますが、
エンジニアとして頑張ろうとしている人が納得した選択ができれば良いと思って書いています。

もうね、どんな方でもエンジニア転職してる人たち皆んな凄いんですよ!!

頑張ろうとしてるそこのあなたも!凄いんです!!!
世の中のチャレンジしてる人ってきっと全体からすると少ないんです。
そんな中、新しいことに飛び込む人、一歩踏み出した人、継続してる人、挫折しそうな人、休憩中でも…

心からナイスファイト!あなたは凄い!!!

一緒に頑張りましょう!!!
もし良ければ筆者もTwitterしてますので、声かけてください!
あなたと私はもうすでに同志ですから!!!!

では、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
少しでもあなたの役に立てたら嬉しいです!

また、次の記事であいましょう!

 

 

 

→→→2020年11月5日更新!!その後、内定をいただいた話ブログ書いています!!
興味のある方は是非こちらもご覧ください!

 

【参考サイト】

テックキャンプ公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました