Gaba (ガバ)英会話歴2年5ヶ月の生徒による【レッスンの流れ紹介】

英会話

こんにちは、カヨです。

 

Gaba歴2年5ヶ月、現在も通っている私がGabaのレッスンの流れを紹介します!

英会話スクールを探すと必ずしも候補に上がる「Gabaマンツーマン英会話」。検討検討中だけど高額な授業料金を払い、損したくない!そんな人の為に現在Gabaに通っている私がスクールの解体に挑みます!

!!ちなみに私はもともと英語好きではありません!!

そして、勉強も苦手です。。。

念のため簡単な経歴をどうぞ

幼少期からジュニア英会話スクール

中学生時代も地元の英会話に通う

中高共にテストはボロボロ

大学は英会話から離脱



29歳の秋、
突如語学スクール通学のチャンスが舞い降りる

実際結構通ってるやん!
そう思うでしょうが、Gaba以外は母親の意向で習いはじめてスクール自体は楽しんでいたのですが、身につけるのはまた違ったみたい。ごめんね。お母ちゃん…

英語大っ嫌い!未成年時代のスクール歴完全無効の完全初心者の私。
好きなものをお勧めするのとは違った目線で解説します!

 

また、せっかく通う気持ちになったのなら後悔したくないはず!!そんな方の為にもオープンな情報でお届けいたします。読み終わる頃には授業を体験したくらい詳しくなっているはずです。

 

 

Gabaマンツーマン英会話の1レッスンの流れ

Gabaマンツーマン英会話レッスンの大まかな流れ

  所要時間 内容
*レッスン前
(自由行動)
5分〜30分間 教室のフロアに勉強スペース有り。
予習をしたりできる。
チャイムがなるとフロアから個室ブースに移動。
1レッスン中
(個室ブース)
40分間 【レッスンの流れ】
①あいさつ
②自分の近況報告
③先生の近況や②の深掘り
④教科書
⑤本日の振り返り
*レッスン後
(解放)
5分間 片付けや、授業での会話が盛り上がると
終了のチャイム後も話したりする。
基本的には終了後すぐフロアに移動。

こちらが私の場合になるのですが、ざっくりとした流れです。レッスン開始直前に来てもオッケーです。お仕事してる人とかは結構ギリギリに来ます。
私は15分〜30分前くらいの間に到着して、予習をします。自宅学習できないタイプなのでここで全力集中してます!!今更感満載!!!!また、この時間に②自分の近況報告で使うフレーズや単語も調べてます!

 

 

Gabaマンツーマン英会話レッスンの詳しい内容

①あいさつ

先生:「こんにちは!元気?(Hi! How are you?)」

生徒:「元気ですよ!(Good!)」

決まり文句を話して各先生の机のあるブースに移動。
「座ってね!(please, have seat.)」と、言われて着席。

【ポイント】
ここで焦って話そうとしなくても、だいたい身振り手振りでわかるのでオッケー!もちろん、英語を頑張って使うと上達も早くなるよ!

 

着てきたコートかけてくれたり、
椅子引いてくれたり至れり尽くせりの先生も多いです。
男性の先生はレディーに扱ってくれる人も多いです。

挨拶にお返ししたい時は
「and you?(先生は?)」「How about you?」
このように聞き返すとナチュラル。
挨拶程度にサラリと返されることが多いです。
「僕もだよ」「元気だよ」とか。
最初は知ってる言葉でいいと思います。
ここはあいさつなので軽い会話。
ウォーミングアップです。

 

②英語で近況報告

先生:「最近どう?何かあった?(What’s new?)」

私のよく担当してもらう先生はこのフレーズで聞いてきます。
初回や初めての先生は自己紹介から始まります。
同じ先生だと先ず英語で近況報告です。

 

【ポイント】
ここで初心者の私はつまることが多かったけど、正直ここでなんとか言葉を発しないと結構難しい!

ただし、初心者でも大丈夫。
実は、私は最初そのまんま日本語で回答(笑)
何も話さないのが一番「シーン。。。」としてしまうので、
とにかく会話!

 

ちなみにその時の会話は、

私:「ショッピング、イッタよ。。。
ゴーショッピング?」

先生:「いいね!(Sounds good!)
ショッピングいったんだね!(You went shopping.)」

そのあと、丁寧にこうやって書くんだよ!と言いながら
ノートに書いてくれました。

さすがプロ。
日本語聞き取れる人多いです
(全員ではないですが、もし聞き取れなくても
PCが机に1台備えつけてあるので調べてくれます。)
そして、楽しく会話を盛り上げてくれます。
もし、少しでもチャレンジしたいフレーズがある人は
自分の話したい最近の出来事を事前に単語だけでも
頭に入れておくと話に花が咲きます。
そして、なにより身につきます。

むずかしい場合は「ショッピング!」
これだけで先生は汲み取ってくれます。

【ポイント】

いいの!これだけで!そのあとに正しいことだったり文法だったりも習得するから!そして、先生が優しすぎる!!

英語楽しい!!!!
それが取得できるのがこの時間です。

 

③英語のリスニング!先生の近況や②の会話の深堀り

先生:「どこにショッピングにいったの?(Where did you go?)」

この項目を行わない先生もいらっしゃいます。
「②」の会話内容によりけり。

 

②の通り「最近どう?」という会話の流れだった場合。
「で、先生はどう?(How about you?)」って聞くといいかもです。
そうすると、ぺらぺら~って英語を話すのが聞けます。
リスニングですね。

【ポイント】
慣れたら、会話を深く突っ込んだりできるようになる。日本の出来事も話してくれるけど、母国のこととかが会話の内容に入ってくるから、すごくワクワクする!うれしいポイント!

 

 

④Gaba専用の教科書

✔︎Gaba基準のレベルで分けられたテキストがあるので
それを進めていくのが基本の授業のスタイル。

同じレベルでも内容がビジネスや日常など別れています。

【テキストの流れ】
⒈ストーリーのある英文
⒉簡単な問題
⒊応用編

この繰り返しでテキストは進み、
テキストの途中に小テストのような振り返りを数回挟みます。
このスピードは個々で全く違い、
私の場合は1ストーリ3回分のレッスンを使うことが多いです。

【ポイント】

ここは皆んなが想像しているような授業形式。時間配分的にはここが一番長くなることが多いよ!

 

 

テキストをしていると授業が終わりチャイムが鳴ります。

 

⑤本日のレッスンの振返り

✔︎区切りのいいところで先生がレッスンを止めて、
PCでGabaの先生専門のページを開き生徒一人一人の記録を残します。

こうした形式なので次回の先生が違っても引き継ぎができていて、
こちらから何か言わなくても続きからできます。
また、先生の記録する内容が生徒専用のマイページにリンクしていて、
大切な単語やフレーズが記録されていきます。

先生:「今日はこのあと何するの?(What will you do after Gaba?)」

生徒:「今から友達とランチなんだ!(I ‘ll eat lunch with my friend.)」

アドバイスをしてくれたり、このような帰り際の会話をして解散。
生徒側のリクエストがなければこの流れになると思います。

 

また私の場合、接客の仕事をしていた時「②英語で近況報告」のあとに、
接客で使用する英会話のロープレを挟んだりしていました。
リクエストは事前に行われる説明の時間や、
定期的に行われるカウンセリングで、
日本人の担当の方と決めることもできます。
当日突然先生に伝えても大丈夫です。
ただし、英語で伝えることになります。

また、生徒が日本語を話しても大丈夫な先生がほとんどですが、
基本的に私たちが話すのは当たり前かもですが40分全部英語です。

私もポロポロと日本語が出てきてしまいますが、最近は「えー!そうなの!?(That’s amazing!)」みたいな相づちも英語で出てくるように頑張っています。

 

Gabaマンツーマン英会話のレッスン前後の時間について

✔︎Gabaレッスン前

カウンターで出席のサインをし、先生と席を確認
何分前に来てもオッケー
勉強スペース有り
カウンセラーさんが常駐、相談できる

私の場合はレッスン30分前に行けるようにGabaに向かいます。家で勉強するのが苦手なので、直前の緊張感を利用して、始まる前の時間、猛烈集中で予習です。(ちなみに、ここで英語で近況報告する内容をググりまくりです。)

勉強スペースの数は正直少なめ。5人はいるかな。。。くらいです。スクールによって違うようです。また、何か不安なことや英語で先生に伝えにくいことはこの時間にカウンセラーの方にお話できます。

 

✔︎Gabaレッスン後

レッスン後も勉強スペース使用可
話に花が咲き、チャイム後も少し時間が過ぎることも有り

私の通っている時間帯は勉強スペースが埋まってしまうことは少なく、復習して帰ってもいいかと思います。

授業中の会話は楽しいので話が盛り上がることも多々あります。授業と授業の間は5分くらいしかないのですが、先生は嫌がることなく付き合ってくれます。もちろん、お手洗いの時間でもあるので絶対その時間まで話していいわけではないと思います。

 

 

今回のまとめ
✔︎レッスンの流れのまとめ
*レッスン前の時間
①挨拶
自分の近況報
先生の近況や2の深堀り
④Gaba専用の教科書
⑤振り返り
*レッスン後

今回「Gabaマンツーマン英会話のレッスンの流れ」を紹介しました。Gabaのレッスンは決まりがあるようでないので、生徒さん自身が相談しながら少しずつカスタムしていくことが多いと思います。自由に時間配分を決めることができ、また、全くテキストを開かない日も有りです。

本当に個人個人に合わせて進めてくれるのが、マンツーマンレッスンであるGabaの魅力だと感じています。

 

少しでも伝わったでしょうか。また、もしここで正直にネガティブな点をお伝えするとしたら、

「レッスンに行く前の行きたくないモードが発生すること」

「教科書もうちょっと小さくしてくれたらいいのに。。。」

くらいですかね。

2個目に関しては「わがままか!」って感じです。持ち物というのは仕方のないものかなとも感じています。毎授業テキストであるファイル(B5サイズのルーズリーフを挟む)を1冊持っていきます

夢は手ぶらなのですが、実際、ノート全部先生が手書きでとってくれるのに…

「なんてわがままな意見なの!!!!?」

自分でノートを作らずとも勝手にオリジナルノートがきちゃうのです。素敵なシステムですよね!この件に関してはまた詳しくお伝えできたらと思います。至れり尽くせりのGaba。。。

 

今回は以上ですが、
まだまだ語り尽くせておりませんので
いろんな角度からお伝えできたらと考えております。

では、また次の記事でお会いしましょう~

 

また関連記事もいくつかございますので合わせてご覧ください。

 

英語勉強中のため英文の間違えなどはお許しいただけますと幸いでございます。もしよければ優しくお教えくださいませ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました