Skullcandy Crusher ANC が最高。個性は感覚で魅せる!

社会人と音楽

こんにちは、カヨです。

 

私は移動中など外で音楽を聴く方法というのにずっと悩みながら

試行錯誤してきて一旦ワイヤレスイヤホンにして

音のズレが気になってやめた経歴があります。

音楽を楽しむ他にも音ゲーをしていたからです。

また、今では映画を携帯で見たりするので

動画との連携も大切!!

そこから元のコード有りのイヤホンに戻りました。

 

今やワイヤレスイヤホンも進化して

コードレスが一般的に。

耳にワイヤレスイヤホンをつけて歩いてる人も多く見かけます。

かっこいいですよね〜

あれで電話してる人は個人的に誰と話してるんだとびっくりしますが

歩きながらなんかできるのもいいよね。

以前はより気軽に携帯できるものを優先していたんだけど

音楽好きになってからは臨場感や音の重なりがきちんと聞こえるようなもの

求めるようになりました。

そこですごく個性的で魅力的なヘッドホンに出会ったから

紹介しようと思う。

人それぞれポイントは違うと思うので使用してわかったデメリットも一緒に。

 

 

見た目から入ってもいいじゃないか!

最初に気に入ったのはフォルム

ヘッドホン買うときやっぱりファッション性も求めちゃうよね。

だって、気に入ったら毎日つけるし

高級感 ★★★★☆
カラー展開 ★★☆☆☆
ファッションへの馴染み ★★☆☆☆
ブランドロゴデザイン主張 ★★★☆☆

 

では、順番に。

高級感

正直、素材感がオモチャ見たいなのが多いイメージのスカルキャンディー

今回は素材感もとてもいいです。

イヤーパットのレザー感も高級

ヘッドホンのシンプルなフォルム

あの、ちょっとメカニックな感じも少なく嬉しい。

音楽大好きなの!!!!みたいな主張もしない。

ヘッドホンのあの装着フォルムのロボ感も嫌いじゃないけど

毎日の相棒にするには断然シンプルがいい!!!

 

カラー展開

これに関してはターゲットを絞ってきた感じ。

MOAB(からし色×黒)
RED(赤ワイン色)
BLACK(少しマットブラック)

いつも黒を買うのですが

今回私はREDを買いました。

これがもうどれも落ち着いた大人カラー

カラーバリエーションがシックで少なめ。

カラフルポップに個性を演出したい人には選びにくいかもしれない

でも、大人なあなたなら3色どれにも惹かれるはず!

全く遊び心がないわけではなく、

MOAB(からし色×黒)の配色がまたクール!

小物をカラーで遊ぶにしてもこの感じ紳士!!

最初ブラックを買おうとしてたのに気づけば

MOAB(からし色×黒)RED(赤ワイン色)

何度も試着してました。笑

ドレッシーなREDにしましたがどちらも捨てがたかった。

最終的にはレディー要素のあるものを選んでしまいました。

だってねえ!(女心です〜笑)

ブラックの選択に間違いは無いですが、

この選び抜かれた2色に魅了させるに違いない!

 

ファッションへの馴染み

これに関しては

やっぱりヘッドホンの弱みかも

今回の商品でなくても

さりげなくつけるのは難しいのがヘッドホン。

装着感を優先してだと思うのですが

ヘッドトップのバンドは太め

絶対コーデのポイントになってしまう。

ここをクリアするのはヘッドホンには酷ですね。

メカニック感を抑えただけでもありがたいです。

私の場合「音楽好きなんです!こだわってます!」っていう風に

見られるのが苦手なんですよね。。。

ヘッドホン選んだ時点で仕方ないですよね。

ただカラーの話で触れたように

通常よりもシックなカラー展開や素材感によって

スーツにも似合うような感じ

そこには拍手です。

音楽好きなのには違いないので主張は仕方ない。。。

あと、マフラーとの相性は良くなくて

ヘッドホンって外した時

ほっぺたのとこで首かけになるので

アンパンマンみたいになるね。

REDの宿命だよね。

真っ赤じゃなくてよかった。

私、首短いのかな。。。

 

ブランドロゴデザイン主張

スカルキャンディーの特徴のスカル

じつは苦手なんです私。。。

しかし、今回は控えめ!

ダークシルバーでさらっとキメてくれてる!

ここの印象が少し怖い印象をスカルキャンディーのロゴから

いつも感じてしまうのがマイナスポイント。

スカルから、いかつい感じを覚えてしまうのは仕方ないように思う。

でも、実はロゴの意味は素敵だったりする。


スカルの意味は「エナジーやパワー」

キャンディの意味は「楽しみ」

らしいです。キャンディーを愛するように音楽を楽しんで欲しい。
音楽好きの溢れるばかりのパワーやスピリットを称える意味も入っているようです。
とても素敵な意味。

参考「https://www.phileweb.com/review/article/201802/09/2923_4.html」

それなら大丈夫!とまではいかないですが

私はその素敵な意味と

スカルキャンディー の機能性に魅力を感じることばかりで驚いています。

 

 

注目の機能はここ!!

アクティブノイズキャンセリング ★★★☆☆
振動機能 ★★★★☆
パーソナライゼーション ★★★★☆

この3点はこのこのヘッドホンの魅力!!!

 

アクティブノイズキャンセリング

ヘッドホンの名前についてるANCがこの機能
(Active Noise Canceling)

外からの雑音をシャットアウトしてくれる機能

これがあるだけで音楽の聞こえ方が違う

今までは話し声だったり

電車の音だったり

色んな音で繊細な音が聴こえにくかったけど

今まで知らなかった音も聴こえてくる!楽しめる!

 

振動機能

この機能こそ個性的で最高なのです!!

低音に連動してヘッドホンが振動する

低音を体感する機能がついているなんてびっくりでした

これは体験しないとわからないと思うのでお店で体感をおすすめします!

新しい音楽体験をした感じなので新たな可能性を感じました!

更に!このヘッドホンにはサブウーファーという

100 Hz 以下の超低音域のみを担当して再生するスピーカーが搭載されていて

低音に長けているので低音好きの私からしたら

最高なヘッドホンなのです!!!

(ここは好みによりけりですが凄いので是非体感してほしい!)

また、つまみで振動の強弱を調整できるようになっていて

もちろん振動なしでも楽しめます!

私もこの機能で全部聴かないとダメなの!?

って思いましたが

心配ありませんでした。笑

 

パーソナライゼーション

スカルキャンディー の専用アプリによる聴力テストに基づいて

その人に合った音に調整してくれる機能です。

この聴力テストの結果はデータとして残るので切り替え可能です。

また、私は別の記事で聴力検査をしたと書いてあるように

病院で実際聴力検査の結果を知っています。

その時の結果を思い出すと同じグラフになっていました。

専用アプリの中での作業になるのですが

病院検査と同様に「ピー」という色々な音が聴こえてくるので

その音の聴こえ方で調整してくれているようです。

ここまで精密なのも驚きです!!!!

アクテブノイズキャンセリング

振動機能

パーソナライゼーション

これら3つの機能が合わさることで

自分専用のヘッドホンになり

また特等席で音楽を体感できるのです。

いつでも!!どこでも!!

 

また更に

「tile」という紛失時に携帯と連携して見つけられる機能が内臓されているらしい。

けど、私はまだ使いこなせてないのでまた追記させて欲しい。

 

バッテリー持続約24時間
急速充電10分の充電で4時間の駆動

これらの機能もかなり嬉しい機能。

時間のない時に充電し忘れていても

すぐに充電できて持ち出せる

音楽好きには欠かせない要素だと思う。

 

スペックまとめ

ヘッドホンタイプ Bluetooth®️オーバーイヤー式
接続 bluetooth®️5.0
インピーダンス 32 Ohms±15%
ドライバー径 40mm
THD <1%@1K
音圧レベル 105dB@1KHz
再生周波数帯域 20Hz – 20KHz
重量 308g
バッテリー持続時間 約24時間

 

 

全体のまとめ

今回取り上げたSkullcandy Crusher ANC

見た目はシックで大人なのに

音に関しては最高の個性をもった一品であるのが使ってみて分かった。

低音域を網羅するだけではなく振動で体感し、

更に音の没入するためのノイズキャンセリングがついている。

聴力テストによる自分のための音楽まで提供してくれるのだから

いうことないだろう。

 

一言悪口をいうなら

やっぱ音ゲーするのはコード有りか

生音かなってくらい。

(多少ね!笑)

 

自分の聴力が不調な時に選んだからこそ

音の聞き取りが個人で個体差があること

自分が音楽の何を好んで聴いているか真剣に考えることが出来、

ここにたどり着いたのだと思う。

これ以上の一品に出会えたらまた記事を書こう。

 

このヘッドホン、

Ivyのベース音が凄い聴けるから買ったのも理由。

たくさんの音のレイヤーを楽しめるIvy toFraudulent Gameの音楽にも最適ですよ!

私の好きな音楽耳の不調に負けず楽しむぞ!!

ちなみにお値段は可愛くないけど

その価値以上だから惜しまずにね!

 

ではまた!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました