バンドの存続を願うファンなら知っておきたいこと

社会人と音楽

こんにちはカヨです。

 

今回は「バンドの存続を願うファンなら知っておきたいこと」について。

私もIvy to Fraudulent Gameというバンドのファンになって6、7年くらいです。

私にとって生きる支えであり、

楽しみを教えてくれた大切な人たちです。

 

何のファンであれファンである人たちがどんな風に考えるのか。

私は少しでも長くバンド活動を続けて欲しいと願っています。

そう思う人は多いと思います。

そうなのであればファンがどんな風に活動に関わっているか考える必要があります。

そう、彼ら彼女ら活動している人たちはファンの行動があって成り立っているのです。

 

 

ファンといってもいろんな人がいる

まずはここ。

ファンも色々です。

・他にもたくさん好きな人がいてたまに見に行けたらいい
・ずっと活動が続いて欲しいけど、学生だしお金ないから参加出来るとこだけ
・地方でもどこでも頑張ってついて行く!私が一番のファンだもん!
・たまたま今日初めてみたけどファンになった!
・実際に本人を見にいったりしないけどグッズやアイテム、CDなどは買う。

また、これらは一部であり

ファンは必ずこうあるべきだなんていうのもありません。

そして、ファンになってもファンでは無くなったり

出たり入ったりの状態が常に流動的に組み合わさりながら

ファンの方たちがいる状態が継続してるのです。

また、ファンであるかどうかは自称であったりもします。

 

 

どのように好きな人たち(バンド)が成り立っているのか考える。

さて、先ほど触れたように

人数が拡大したり縮小したりしながら私たちファンは存在します。

 

そして、私たちが好きな彼ら彼女らも人で生活があります

活動費、また自立しているのなら生活費もかかります。

これらが無いと終わってしまうのは、わかりやすいですよね。

では、彼らが活動するにはどこから費用を得ているのか。

バンド活動を例として考えてみよう。

・音楽媒体を売る(CD、配信など)
・ライブをしてチケットを売る
・グッズを売る
・音楽活動に付随しての活動(ラジオ、雑誌など)
・全く別のバイトや仕事をする

※事務所などがあればまた他にも収入形態は広がるかもです。

こうした収入で活動が成り立っているのがわかったところで、

ファンが関わっているのがわかると思います。

 

 

ファンがそれぞれ、どう関わるのか

これはファンの生活スタイルや思考などで勝手に決まってくると思う。

ただ、もしもあなたが彼らの存続を願うなら

存続出来るような関わり方をした方がいいと思う。

先ほどの項目が代表的。

お金の問題を取り上てばかりだけれど、

実際問題大事な話。

私たちは彼らから色々なものをもらっている。

それを未来にも望んでいるのかというのが大切になってくると思う。

もちろん、CDやチケットを購入し今あるものに対して支払っている。

けれど、それはこれからの活動資金でもある。

なので、出来る限りファンは彼らの活動源になるように

行動するのがいいというのが私の考え。

行動面からもいえること。

例えば、違法な取引であったりをしてしまったり

ライブであれば周囲に迷惑をかけてしまったり

そうした行動も今後の活動に影響するということ。

もしも、ファンが活動の力になれたら

きっとどこまでも存続の可能性は大きくなると思う。

 

これはファンを作って活動している人向けの意見かもしれないけど、

一緒に未来を見てくれる人たちを大切にしないといけないと思う。

過去や個人的なことに囚われすぎている人ばかりになってしまうと

存続は難しいと思う。

これは、昔からのファンの中には複雑なおもいをする方もいるかもしれないが

昔からの人が新しいファンが入りにくい空気を作ってしまうと

それ以上ファンが増えなくなってしまう。

そして、前からのファンが一定数から減らないなら良いが

様々な理由で減るのも事実。

だから、ファン同士仲良くしろとは言わないが

新しいファン、にわかファンであれとにかくファンの入り口を入りやすくしておくこと。

そうした関係が理想だと思う。

 

応援や好きな気持ちを伝える

これまでの内容は仕組みのようなものに着目してきたけれど

どんな状況であれ私たちが出来ることの一番パワーのあることはここにあると思う。

ライブで楽しむことも、手紙を書くことも、ツイートすることも

なんでも良い。

もし、うまく運営が回らない時があったとしても

彼らが何かどうしようもなく悩んでいたとしても

一踏ん張り出来るのはファンの声だと思う。

原点はここにあると思う。

 

 

ただ、もしもファンの方々がこれらの記事で書いたこと全てのことを知っていたら

より長くバンドとファンの関係は続いて行くのでは無いかと思う。

これがバンドでなくアイドルや他の場合でも。

 

 

結論:好きなことをきちんと知ること

当たり前のことだけど

ステージの上で活躍する人たちと同じように生きていることを知る。

テレビで見る人たちのようにバンドマンやアイドルを見ている瞬間がある。
※テレビ上の人たちも遠くても人間なんだけどね。

ステージが近い分だけ親近感がわくけれど

たまにはいろんな目線から見ることも大切かもしれない。

自分も注意しなければと思う。

 

私もファンとして

でも、相手は一人の人として大切に関わっていきたいと思っている。

いつも音楽で私を助けてくれるヒーローだから。

これからも一緒に関わっていきたいから。

 

 

難しいよね、関係性って。

でも楽しい。大事。

では、Ivyファンの方が見てくださっていたら

これからも一緒に楽しみましょー!では!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました